statements

English/Japanese

#6
ポール・シャリッツ | The doors of perception

2017年2月10日(金) - 3月12日(日)


#6
ポール・シャリッツ | The doors of perception
2017年2月10日(金) - 3月12日(日)
協力:The Film-Makers’ Cooperative | 株式会社アウラ | アーティストギルド

オープニングイベント
蓮沼執太 × ポール・シャリッツ 即興パフォーマンス
2017年2月11日(土) 20:00開演  定員20名(立ち見)
入場料:1,000円
予約制:先着申し込み順(2月1日12:00 よりメールにて予約開始します)
hasunuma10composition@gmail.com
*2月11日はパフォーマンスのため、展示は18時にクローズします

クロージングイベント
『Paul Sharits』by François Miron
3月12日(日)19:00- (予定)

ポール・シャリッツ (1943-1993)
アメリカを代表する実験映像作家であり、アダムス・シトニーによって提唱された「構造映画」の作家の一人であるポールシャリッツは、大学で絵画とビジュアルデザインを学び、60年代より映画製作をはじめ、フルクサスとも交流をもつ。その後フリッカーを用いた『T,O,U,C,H,I,N,G』『N:O:T:H:I:N:G』などの代表作を製作する。光や動きなど映画を構成する要素や人間の知覚に追求した作品を数多く制作する。